会社案内
事業案内
薬局所在地
人財教育システム

事業案内

ホーム › 事業案内 › 当社の調剤薬局

調剤薬局の役割

調剤薬局の役割
調剤薬局は、医師からの処方せんをもとにお薬を調剤し、患者さんに提供する事を主な仕事としています。
病院・診療所は診察・検査・各種療法等の医療行為に専念し、薬歴管理や服薬指導などお薬のことは調剤薬局の薬剤師が担当して医療の質的な向上を図るという「医薬分業」は、平成元年から厚生労働省も推進に取り組んだことで本格化しました。
医師、薬剤師がそれぞれの専門分野に特化することによってより安全で効率的な医療を提供することができます。 この医薬分業において、その重要性が高まっているのが調剤薬局なのです。

調剤薬局の役割

注目が高まる薬剤師と調剤薬局

注目が高まる薬剤師と調剤薬局
調剤薬局は、医療機関としての役割とともに、高齢化の到来した地域社会の中で処方せん調剤を通じた医療、保健、介護の分野に渡り活動しています。
調剤薬局で働く薬剤師の役割は、超高齢化社会の中で、今まで以上に重要な役割を担うことになるでしょう。

ページトップ

イトーヤクの役割

イトーヤクの役割患者さまとのコミュニケーションを大切にした独自の接客スタイル

イヨーヤクの役割

私たちは、昭和59年創業当時より、薬の専門家として患者さんや医師に信頼される調剤薬局づくりを目指してきました。
その根底には「医療」を支えるものは、まず「人」だという意識があります。
「人の温かさ」が、何よりも「病んだ人」を癒すことができると考えています。
体調にあわせてお薬をお席までお持ちするなど患者さんの立場になって、自分や家族が病んだときには何を求めるだろうと社員の一人ひとりが常に考え、患者さんに接しています。

相談しやすい環境づくり相談しやすい環境づくり

相談しやすい環境づくり

薬局内が、お薬や健康に関する不安や疑問を相談しやすく、患者さんにとってくつろげる雰囲気の場所となることに心がけています。
薬局内を爽やかで落ち着いた内装にしたり、設置可能な店舗においてスロープや車イス用トイレを設け、全店舗でバリアフリーへの取り組みを進めています。

省力化、効率化によるサービス向上の追及省力化、効率化によるサービス向上の追及

省力化、効率化によるサービス向上の追及

イトーヤクでは、薬剤発注は時点発注を基本としており、在庫は本社で管理しています。処方せんを受付ける診療科目の違いや立地条件などによって、必要となる薬剤は各店舗ごとに異なりますが、本社と各店舗及び各店舗間はをコンピュータネットワークで結ぶことで迅速な供給体制を実現しています。
全自動分包機など自動機器の導入、電子薬歴によるデータ管理で薬の安全性確保と質の高い薬剤管理サービス提供を進め、全店舗で充実をはかっています。

一人ひとりの「かかりつけ薬局」を目指して一人ひとりの「かかりつけ薬局」を目指して

一人ひとりの「かかりつけ薬局」を目指して

超高齢者社会になる日本。
イトーヤクでは、積極的に地域医療に携わることも視野に入れ、薬剤師の中にケアマネージャーの資格を持つものを増やしています。
また、老人会等に当社の薬剤師・管理栄養士・運動指導員等のスタッフが参加し生活習慣改善の指導をさせていただくなど、地域に密着した薬局を目指しています。 信頼と親しみある「かかりつけ薬局」として選ばれることで、薬歴をトータルに把握し、重複投与や副作用の予防など細部に渡ってより適切なアドバイスを行うなど、地域の皆さま一人ひとりの豊かな健康づくりのサポートを担っていくことを、私たちは目指しています。

ページトップ

プロフェッショナル薬剤師を育てる

プロフェッショナル薬剤師を育てるジェネラリストな薬剤師を育てる

プロフェッショナル薬剤師を育てる

医薬分業を担う専門性の高い薬剤師を育成するため、社内外研修、Web研修センターで日々の勉強を行っています。
入社した時の高い志を維持できるか、そんな皆さまを応援します。
入社前に「事前研修」が行われ、調剤や医薬分業、社会ルールなどを学習。その後配属先において、実地研修が実施されます。定期的な勉強会も実施されます。
高度な知識を複合的に身に付けることができるジェネラリストな医療人としての薬剤師を育てて参ります。

ページトップ